薬剤師転職 > 薬剤師転職~派遣薬剤師として働くこと~

薬剤師転職~派遣薬剤師として働くこと~

薬剤師の派遣は派遣会社の社員として派遣先へ出向いて働いていくといった形になりますが、薬剤師専門の派遣会社もあるのです。ですが、薬剤師は派遣といった形よりも転職をして別の会社で働いていくといった形の方が多いですから、人材紹介会社のほうが多いのは事実なのです。
調剤薬局薬剤師に強い求人サイトは?

そしてパートやアルバイト専門の人材紹介会社といったものも探してみればみつけられます。そして薬剤師の派遣は正社員に比べてみれば給料が安いですが、企業に派遣され働いて行く形でも、年収700万円得ている方もいます。

製薬会社以外の職場ですと、昇給率が低いと言われていますが、ほかの職業に比べてみれば待遇はいいといえます。また最近薬剤師の紹介予定派遣と言ったものもよく目にするわけですが、紹介予定派遣とは、派遣社員といった形で一定期間働き双方合意が成立したときのみ、正社員として派遣先企業に雇用される形になります。

そして紹介予定派遣で働いている方は、ほとんど正社員として雇用されることになります。一般派遣の場合ですと、派遣社員としては歓迎されても正社員になれないようなことが多いのです。

そして薬剤師として紹介予定派遣を務められたときには一定能力が認められていると考えていいです。そして紹介予定派遣として送り込んだスタッフが紹介先の企業で低い評価を受けたときは後々派遣業務に支障が出るのです。

その為に高い能力を持っている方が紹介予定派遣の形を進められることが多くなっていて、どうしても合わない時には軌道修正もできますから、その企業で働いてみればいいでしょう。

そして、薬剤師の転職はブランクがあるからと言った事実は、めったに不利になることはありません。女性が多い職業ですから、ブランクのない方を探していく方が現状難しいのです。女性薬剤師の場合、家庭や育児との両立ができるようになるまで離職するような方が多いのです。

とは言え薬剤師の転職にブランクは不利にならないとはいえ限界はあります。例えば10年のブランクがあれば薬剤師自身、未知の新薬の情報が医療の現場にあふれていることになりますので、復職支援プログラムなどを利用して仕事復帰を目指しましょう。

薬剤師の求人で地方の状況は

派遣薬剤師の時給は一般職の会社員などよりもはるかに高いといったことがあり、企業へ派遣されるケースでは年収に直して700万円ぐらい得られる場合もあります。製薬会社のMRとして正社員で働く場合、年収1000万円も夢ではありませんが、調剤薬局や病院で働く場合は年収400~500万円が相場です。派遣でも十分な収入が得られることは間違いありません。

ですが、派遣薬剤師の時給は高いといってもせっかく働くのであれば正社員になってみた方がメリットがあるのでは?と考えられるケースも多いのは事実で、薬剤師の転職は多くて、売り手市場気味の転職市場のことを考えると、派遣社員でい続けるといったメリットが一般のお仕事に比べると少ないです。

そして一般的な事務職の方であれば正社員として働き口がなくて、派遣社員として働くしかないといったことや無職になってしまうよりも、派遣であってもお仕事につくほうがいいといったケースはたくさんあります。

薬剤師の求人は地方のほうがいい条件を出していることもありますが、それは一体なぜなのでしょうか?それは、都会に比べて地方の方が医療機関や調剤薬局の人手不足はとても深刻だからなのです。そのために、薬剤師の求人を出しても来てくれる方のいない地方ほどとても待遇がよくなる面があるのです。

そのため、大学に行くために故郷を離れた方も故郷へ帰って働きたい時は地方での求人情報に目を向けてみればいいのです。そして最近Uターン就職をするよな方も増えており、薬剤師の求人のある地方で、自分の人生に合うような働き方をしてみたいという方もいるのです。

そして、お子様や家族の病気の為にいい環境で生活してみたい方もいます。ですがその地域で長く生活したければ薬剤師の求人がある地方かどうかと言ったこと以外に、そこで定着して行けるのかといったことを考えなくてはなりません。一度、人生設計全体を考えてみて、それから引っ越しや薬剤師求人に応募してみましょう。

自分のみが転職すで成功すればいいといった問題ではなくて、家族も共に地方へ引っ越す場合は、その土地の教育環境がどうなるか?家族が安心して住める所なのか?といったことも慎重に検討する必要がありますよ。